ぼくらは 今

種まきをしている

今を生きる子ども達に

いずれ来るかもしれない

嵐に備えて

出会いつながり

何気ない日常の一コマに

たしかに存在したあの人たち

今日もぼくらは

出会い 思い つながり

種をまきつづける

僕達の思いはこれに尽きます。

人の人生、何が起こるかわかりません。何かあった時にふと思い出される場所にしたい。

「あそこに行けば、なんと かなるかもしれない」と思われる場にしたいと思い、この活動を続けています。

子ども達はいつものようにやってきて「よっ」 と一言。

みんな、自分のタイミングで思い思いにやってきます。

ひとまずわっかをぐるっと見て回る子

すぐ本を読みだす子

友達が来てなくてそわそわする子

綿菓子機械を持ってきて作り出す子

みんな自分の思うままに過ごしています。

最近はカフェが近くにできたので、待ち合わせして、だべりに行く高学年女子もいます。

リアカーで町中を練り歩く子たち、ひたすらし ゃべり続ける小6の子たち、壁に釘やら板やら打ちつける子たち、本格ままごとを部屋いっぱいでする子たち、たまに来て駄菓子をせがんではしゃべって帰る中学生たち、いろんな子たちが一緒 にこの場を過ごします。

学校、家庭、地域、社会の中で懸命に生きる子ども達が見せる素顔。

やっている事、言っている事はめちゃくちゃかもしれない。

だからこそ、あなたはあなただよって感じることができる場があるって、すごく大事なことだと思います。

そういう場がわっかなんです。

これからも、そういう場づくりを続けていきます。

わっかの開催日はこちらでご確認ください。

まずはお気軽にお問い合わせください。